よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


20
Category: 名古屋   Tags: レトロ  

伏見地下街3 (名古屋市中区)

普通なら地下街に床屋というと違和感を感じるけど、ここでは違和感も感じない。
外で待つ人も居るほどここだけは繁盛していた。
昔からの常連さんばかりといった感じ。

PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm




 

Comments

EditNo title
ぐりさんこんばんは。この地下街は知りませんでした。は虫類みたいなモダンな服が陳列されていてまた粋なお客で賑わうファッショナブルな通り。今度近くに行ったら是非行ってみたいものです。それよりおばちゃんが座っている椅子はどう見てもおしぼりを運ぶのに使っていたと思われる籠におザブを載せてお洒落にした斬新な椅子っすね。すばらしい!それと募集にもあるようにこの店のスタッフさんは一流技術者揃いなので繁盛していると思いたいですね。間違っても安価だからってのは考えてはいけないですよね。しかし洋服屋にレーガン元米大統領が居たのは流石ファッショナブルな通りだけありますな。アーだからニュー大衆理髪店の”いつも美しくを願い”の頭に※(コメマーク)が入っている訳なんだー。
EditRe: No title
ポンデりんGoo!さん こんばんは。

流石、細かいところまで観察されてますね。それだけ細かく観察してもらえるとアップした甲斐もあったっていうものです。
もちろんこの床屋は一流技術者しか採用されないので常連が離れないんでしょう。
おばあさんの下のおしぼりの箱も観察通りです。
そもそも床屋さんの外でおばあさんが順番待ってること自体が人気の証拠ですね。

是非是非行って実際に確認してみてください。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom