よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


12
Category: 岐阜県 > 飛騨・高山   Tags: 町の風景  路地の風景  ノスタルジー  

世代交代

この路地で見つけた外灯には蛍光灯が付いていた。
日本のメーカーはすでに殆ど電球の生産を終了したという話もどこかで聞いたけど、そんな影響がここにも出てるのかもしれません。いまや蛍光灯ですらLEDにその座を奪われようとしてる時代だし、仕方ないのかもしれませんが。
でも電球にはLEDや蛍光灯にはない癒し効果もあると思うので嗜好品としてでも残って貰いたいけど・・


PENTAX K-7 + FA35mmF2.0


岐阜県高山市で

テーマ スナップ写真    ジャンル 写真



 

Comments

Edit街灯
夜歩いていて気がつくとLEDに街灯が変わったところがポツリポツリと出てきました。
明るいのですが、電球の暖かみはないですねえ、やっぱ。
それとLEDの街灯まわりは虫が飛んでないのは、このすっきり感がいいです。
EditRe: 街灯
犬山にゃん太郎 さん こんばんは

>明るいのですが、電球の暖かみはないですねえ、やっぱ。
そうなんですよね。同じ光なのに感じ方は随分違いますよね。
環境的にはともかく、人に優しく感じるのはやっぱり電球が圧倒的で見てるだけなら電球がいいです(^^)

>それとLEDの街灯まわりは虫が飛んでないのは、このすっきり感がいいです。
へぇ、そうなんですか。明るければ何でも寄ってくるってわけじゃないんですね。
虫も寄らないLEDですか。情緒意外は良いこと尽くめなんですね。
Edit
演出力といいますか、雰囲気作りの点では、まだまだ電球は有用だと僕も思います。
商店建築なんかでは進んで活かしてほしいなと思います。
灯りだって、見てほっとするような感じがある方がいいですものね。
EditRe: タイトルなし
狛さん こんばんは

白熱電灯には、なんていうかろうそくとかランプとかそういう炎の明かりに通じる何かを感じるんですよね。蛍光灯やLEDには無い何か。
フィラメントを熱して燃やした(ちょっと違うかな)明かりだからでしょうか(笑

環境は大事ですけど、ほんの一部だけでも機能・環境だけじゃなくて潤いっていうのかそういうものがあっても良い気がしますよね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom