よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


21
Category: 福井県   Tags: 鉄道  レトロ  モノクロフィルム  

シャッター音と雫の音が響く・・

道を間違えて偶然通った道がここでした。
レンガ造りの苔むしたトンネルが次々と。
思わずカメラを取り出して1枚。
シャッター音が響き、後は雫の音だけが残る・・

後に調べたら北陸本線の北陸トンネルができる前までの旧線跡で120年近く前に掘られたトンネルでした。
先に知ってたら更に感慨深かった気がします。

PENTAX LX + FA50mmF1.4 / ILFORD HP5 plus


福井県敦賀市

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
こんばんは(*'▽'*)

なんだか、凄いトンネルですね。レンガなんですね。よく見るとボコボコしてますね。
なんだか、今日は感傷的な気分なので、まるで、先のわからない人生のように思えました。人間は死にむかっているからです。(;゚д゚)
Editこんばんは
感情ひとつで風景が変わりますよねえ。

トンネルを抜けてもまたトンネル、それを抜けてもまたトンネル。
人生そんな時がありますなあ。

EditRe: タイトルなし
keikoさん

いえいえ、トンネルには必ず出口があるってことをお忘れでは?
ちなみにこのトンネルを超えると日本海を見下ろす素晴らしい見晴らしでした(^^)
EditRe: こんばんは
犬山にゃん太郎さん

ほんとそうですね。
そんな人生というか、一生の中にはそんなときもあるような気がしますね。
トンネルっていろんなことを考えさせる建造物なんですね。
今更気づきました(笑
Edit明治時代のトンネルに
出会えるなんて凄いですね。
こんにちは、ぐりさん。
レンガのトンネルに迷い混んで見たいものです。
古いインフラ系の建築物って、
なんとも美しいとものが多いですからね、
千と千尋のお話のようです。
シャッター音がいつもより大きく響いたのでしょうね。
またお邪魔します。
EditRe: 明治時代のトンネルに
kozoh55さん

ほんとに独特な雰囲気を醸し出していて、その時は正体を知らなかったんですが只者ではない空気が流れてました。
なるほど、千と千尋・・まさしくこれを抜けたらそんな世界が待っていそうな雰囲気でした。
ああ、タイトルそうすればよかったです(^^ゞ
そのほうが雰囲気に合ってます・・

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom