よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


18
Category: 岐阜県 > 恵那・中津川   Tags:  ノスタルジー  カラーフィルム  HEXAR  子供  

ある秋の日、農村風景の中で

道の真ん中に座ってボーっとこんな風景を眺めていました・・・
女の子の歌声がかすかに風に流されてきました。

Konica HEXAR RF + CarlZeiss Biogon T* 2/35 ZM / Kodak ProFoto XL 100


岐阜県恵那市岩村町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
こんばんは、ご無沙汰してます。
おっ、岩村ですね。
のんびりした農村風景が良いですねえ。(^^)
また行ってみたい場所です。

ところで、半年ぶりにブログ再開しました。
またよろしければ覗いてやって下さい。(^^ゞ
Edit
こんばんはm(__)m

女の子こ歌声?野外で歌ってるんですか?珍しい場面に出くわしましたね。なんだか、いい感じな光景ですね。ほんと、ボーとしますね。刈り取られた田んぼに、女の子!こちらでは、田んぼに鷺ですが、、。
お邪魔しましたm(__)m
Edit癒されます
里山の何気ない景色・・・
大好きです、少女の歌も聞こえてくるようです。

ここは”日本一の農村風景”で有名、展望所もありますが、上からより、このような里が良いですネ!

和みました。
EditRe: タイトルなし
tsuneroさん

おひさしぶりです。
tsuneroさんも岩村行かれてましたか。
自分はかなり前からなんどか行ってたのですが、以前は茅葺き屋根の農家も結構ちらほらあったんですがさすがにすっかり少なくなりましたね。
それでもすばらしい農村風景は健在ですが。

そうですか、復活されたんですね。
もちろん寄らせていただきます。
これからも楽しみにしてます。
EditRe: タイトルなし
keicoさん

歌声というのは写真で前方を歩いてる子供の歌声です。
なんだか楽しそうに歌いながらあぜ道を歩いていました。
とても長閑でそしてどこか懐かしく感じてとても癒やされました(^^)
EditRe: 癒されます
marukeiさん

marukeiさんはいつも里山歩かれてますのでほんとにお好きなんですよね。
自分もたまにこういうところへ行って癒やされてます。
自分は歩きまわるというよりも道端に座ってボーっとしてるほうですが(笑
展望台、自分も以前行ったことがあります。
ただ景色を見るだけなら展望台もいいですけど、自分は雰囲気を味わいたい方なのでやっぱりその中に身を置きたい方でこうなりました(^^ゞ
今頃の里山の雰囲気が1年で一番好きです。
Edit
ぐりさん、こんにちは。
画面中央の女性が私には羽衣を纏った天女が
小さな子供を連れてゆっくりと歩いているように
見えてしまいます。
子供の歌声まで聞こえてきたとの事、長閑で妙楽なひと時
だったでしょうね。
日本の原風景に天女と子と妙楽。。。
素晴らしい風景ですね。
中庸で落ち着いた表情を表現している
kodak ProFoto XL100もナイスですね。
Edit
やっぱりこんななんでもない田舎のワンシーンは
魅力的に映ります
随分と減った日本の風景ですよね

新しいカメラ・・まだ数回しか使っていませんが、中央一点、
連射なし、そんな使い方しかしない私には機能の多くを使いそうにもないです
分かっていたことですが・・

このセンサーは線が・・太いですね
何というか、今風の写りに感じます
以前のちょっとずれたペンタ色が薄れたように感じます
EditRe: タイトルなし
watermindさん

おお、なるほど、言われてみれば確かに羽衣をまとってるようにも見えます!
周りの景色も電柱さえなければ何百年も前とそれほど違ってないのかもしれませんよね。
もう座ってボーっとするには最高の場所で秋風も爽やかで長閑・・命の洗濯ができました。

kodak ProFoto XL100は安いのにとても上質で色再現も自然で美しくてとても気に入ってます。
ですが以前よりもずっと手に入りにくくなってるので先が心配です。
まだストックをかなり持ってるんですがこれがなくなったらカラーどうしようとすら思ってしまいます。
EditRe: タイトルなし
equinoxさん

このあたりはかなり昔からしってるのですが、ここですら茅葺きもほとんどなくなってしまって随分かわったきがしますけど、それでもまだまだ雰囲気は残してる方です。
これから先は人口も減る時代なので、開発が心配というよりは人が居なくなって荒れていってしまわないかを心配しないといけないかもしれませんね。

デジタルカメラの機能、いらなものが多いですね。自分も中央重点測光で絞り優先のみしか使っていませんでしが、フィルムで撮ってる今から思うと、フィルム残気にしなくていいし(フィルム無くなってシャッターチャンス逃したこと多々あり)、巻き上げの時間も不要で次々にシャッター切れるし、そんな素朴なことでやっぱりすごいなって思ったりしてます(笑

ペンタックスらしさですか・・
デジタルでは追求していくとどれもあまりかわりなくなってしまうんでしょうか?
デジタルにはユーザーがクッキリスッキリ高解像度ばかり求めてるので結局それしかなくなってしまうんでしょうか。レンズですら最近のカメラメーカーのはそちらの方向ばかりですし。
使い勝手や性能や機能は違うんでしょうけど。
趣味としては今ひとつ面白みが少なくなってるのかもしれませんね。

Editうーん
そういえば私も父と一緒に釣りに行って、
途中の車の中で鼻歌をくちづさんでいました。
曲名すら知らないのですけど。
風に、聞こえたり、聞こえなかったり、
お母さん?はどんなふう?
こういう写真、好きです。
この前の工場?倉庫?の記事は、
らしさが凄く出ていて、撮っている時
嬉しそうだったんでしょうって、
想像したりしました。
お晩です、ぐりさん、またお邪魔します。
EditRe: うーん
kozoh55さん

そう、まさにそんな感じ歌っていたような気がします。
歩きながら何気なく歌ってる風景がとても懐かしく思えて、自分でもこんな時があったような気がしました。
お母さんは下の子供の手を握ってのんびりと歩いてる感じでした。これもまた癒やされました。

倉庫はおお、良い物見つけたってかんじでした。
こういうちょっと淋しげな風景好きで撮っていても楽しいんですが、意外とアングルのバリエーションが少なくてちょっと物足りなかったのも事実です。
最近はなかなかこういうのも見つかりにくくなってしまいました。

コメントありがとうございます。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom