よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


In 04 2016

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13
Category: 愛知 > その他愛知県   Tags: HDR  

花見日和  超久しぶりのHDR 4

PENTAX K-7+DA18-135mm/ 3shots jpeg → HDR / Photomatix 4

愛知県岩倉市 五条川

スポンサーサイト

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


12
Category: 愛知 > その他愛知県   Tags: HDR  

花見日和  超久しぶりのHDR 3

大人でも大半の人は”花より団子”なんだから、まして子供はもちろん目的はこちらでしょう・・
PENTAX K-7+DA18-135mm/ 3shots jpeg → HDR / Photomatix 4

愛知県岩倉市 五条川

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


11
Category: 愛知 > その他愛知県   Tags: HDR  

花見日和  超久しぶりのHDR 2

周囲は凄いたくさんの人で賑やかなんだけど、それでもふっと静かになる一瞬がある・・
PENTAX K-7+DA18-135mm/ 3shots jpeg → HDR / Photomatix 4

愛知県岩倉市 五条川

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


08
Category: 愛知 > その他愛知県   Tags: HDR  

花見日和  超久しぶりのHDR

先週末は絶好の花見日和。
このところフィルムで撮っても現像が停滞気味なので手軽なデジタルカメラを持ってでかけた。
更にどうせならと、久しぶりにHDRでもしてみようと3枚撮りでスナップ。

写真撮る人、花を見る人、お面被ってポーズとる人、それを撮る人・・ それぞれの花見をパシャッパシャッパシャッと3枚撮り
PENTAX K-7+DA18-135mm/ 3shots jpeg → HDR / Photomatix 4

愛知県岩倉市 五条川

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


05
Category: 静岡県   Tags: 温泉・銭湯  

伊豆の温泉へ 3 湯ヶ島温泉 テルメいずみ園

天城山中に湯ヶ島温泉という温泉がある。名前だけはかろうじて聞いたことがあったものの実際はどのようなところかしらなくて、せっかく天城をうろうろとしているのだからこの機会に行ってみることにした。

天城峠を通る国道414号線から逸れて天城山中へ入り込む谷沿いに旅館が続いている。
歴史ある温泉で川端康成をはじめ多くの文人が訪れたそうだけど、修善寺などとくれべるとどの旅館も鄙びた感じがあって
知る人ぞ知るというか、通な人は俗っぽさが欠片もないこちらを選ぶのかもしれない。

国道から川沿いにポツポツと温泉宿が続いてるなかで今回入ったのは由緒ある宿ではなくて湯治用の素泊まりと日帰り入浴のテルメいづみ園。

ところで伊豆の温泉は全般に入浴料が高めで公共の浴場を除けば大体のところは1000円以上というところが多い。
首都圏に近いところではそれが相場なのかもしれないけど自分の中では1回の入浴料で1000円以上というのはどうも納得が行かないところがあって、そこまで払って入ると余程の良いお湯でないかぎり入ってもあまり気分良くないのでそういうところはできるだけ入らないことにしている。
そういう中でこのテルメいずみ園は行ってみると休憩室も提供していて建物も綺麗に維持されていてかつ源泉掛け流し。それで700円と伊豆ではかなり良心的な設定だった。首都圏から離れれば普通なんだけど・・

内風呂は広すぎず、狭すぎず。特に変わったところはないけどなんだかとても落ち着ついてゆたっりできた。
掛け流しで4-6時間でお湯が入れ替わるとのこと。



露天風呂も特に工夫を凝らしたということもなく至って普通な湯船ではあるけど、かなりの広さがだった。
源泉掛け流しと言っても一部の湯船だけでそれ以外は循環というところも多い中で、ここはこの広い露天風呂も含めてどの湯船も全て掛け流しだった。
その割に平日とは言え自分ひとりの貸切状態で、伊豆の中にあって湯ヶ島温泉の更にその最奥のここはあまりまだ知られてないのかもしれないのかもしれないけど、おかげでより満足度が高かった・・
20160325172241_a-s.jpg

テーマ 温泉旅行・温泉宿    ジャンル 旅行


01
Category: 静岡県   Tags: 温泉・銭湯  

伊豆の温泉へ 2 足湯カフェ 東府や

伊豆の山中、古奈温泉に足湯に入りながらお茶ができるカフェがあるというので行ってみることにした。

舟戸の小屋のあった河津から伊豆の背骨を通って天城越えをする。
実際は新しいトンネルがあるんだけど、小説などで読む天城越えとはどんなところなのか見てみたくて旧道へ入ってみた。

舗装してない旧道をしばらく登ってそろそろダートの揺れが嫌になってきたかなという頃、峠越えのトンネルが現れた。


トンネルの上を見ると天城山隧道と刻まれている。
近くの案内板を見ると1904年(明治37年)完成とのことで110年以上前のもの。
年数だけ聴くとピンとこないけど、江戸時代に生まれた人がまだ40歳ぐらいにしかなっていない時と考えると凄さを感じる。


昔の人と同じように歩いて中へ進む。当時の人は山を峠越えしていたことに比べたらトンネルは画期的だったに違いない。

20160325160735_a-s.jpg


伊豆の背骨もそろそろ終わりかというところに古奈温泉 東府やがある。
その広大な敷地の傍らにあるのがこのガーデン・カフェ。
コーヒー・スィーツ・パンなどを買って足湯に浸かりこの風景を眺めながらお茶することができる。
かなり人気らしいけど平日の夕方とあって人影も少なく、のんびりすることができた。
20160325163958_a-s.jpg


テーマ 温泉旅行・温泉宿    ジャンル 旅行



2
3
4
6
7
9
10
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。