よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


In 11 2012

30
Category: 愛知 > 知多   Tags:  町の風景  路地の風景  ノスタルジー  モノクロフィルム  

蔵元の町散策8 ・・・ フィルム交換も心地よく

路地を通る人の姿もこの町の風情に溶け込んでました。

懐かしい風情に浸りながらフィルムカメラでのんびりと撮る事がとても心地良く感じます。
そんな時はフィルムを交換する手間すら心地よく感じるから不思議なものです。


PENTAX LX + FA77mmF1.8 Limited / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


29
Category: 愛知 > 知多   Tags: 町の風景  モノクロフィルム  ELECTRO35  

蔵元の町散策7 ・・・ 醤油町風情

なんでもない空き地にも醤油町風情が漂っていました。

YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


28
Category: 愛知 > 知多   Tags: レトロ  モノクロフィルム  

蔵元の町散策6 ・・・ 作業場で

路地から少しだけ覗いた仕込みをする為らしい作業場は古風で、辺りの道具は何をする為のものかすらわかりません。
創業当時から製法は変わってないと言われてたご主人の言葉を裏付ける風景でした。

ふと天井を見上げるとこれまたレトロな扇風機が太い梁に括りつけられていました。
エアコンなどもちろんない開けっ放しの作業場だから夏はこの扇風機が大活躍するのでしょう。

PENTAX LX + FA77mmF1.8 Limited / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


27
Category: 愛知 > 知多   Tags: 町の風景  工場  モノクロフィルム  ELECTRO35  

蔵元の町散策5 ・・・ 銀色タンク

大豆を仕込む作業場の脇にあった小さなバルブ。

古いレンガ、何度も塗り重ねられた様な銀色タンク、レンガを切取って無理に付けたようなバルブ、バルブには適当に付けた様な支えがあって・・・・なんとなく味があって目を惹きました。


YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


26
Category: 愛知 > 知多   Tags: モノクロフィルム  

蔵元の町散策4 ・・・ 誇り

差し込んだ光に浮かび上がった樽の階調の美しさ、そして貫禄と歴史の重みに圧倒されながらシャッターを切りました。
取り付けられた銘板に誇りも感じます。

この蔵の醤油、もちろん買って帰りました。
醤油のコクが刺し身や豆腐を一層引き立ててくれます。
ご主人に煮物もいいですよって言われたけど勿体無くて使えません。


PENTAX LX + TAMRON 24mmF2.5 / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


25
Category: 愛知 > 知多   Tags: 町の風景  モノクロフィルム  

蔵元の町散策3 ・・・ 静寂

立ち寄った蔵元のご主人の話では武豊は元々は酒蔵が多かったそうです。
それが灘の酒に押されて多くの蔵元が醤油や味噌に鞍替えしたということでした。
観光案内などには書かれていない秘話が面白かったです。


路地から垣間見た蔵の中はしんと静まり返って、樽の中で眠る味噌・醤油の呼吸を感じるような気がしました。

PENTAX LX + TAMRON 24mmF2.5 / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


24
Category: 愛知 > 知多   Tags: 町の風景  路地の風景  モノクロフィルム  ノスタルジー  ELECTRO35  

蔵元の町散策2 ・・・ 古い蛍光灯

黒壁に古い蛍光灯の街灯が意外なほどよく合っていました。
長い年月かけて少しずつこの風景に溶け込んできたんだろうなぁ。

YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


23
Category: 愛知 > 知多   Tags:  町の風景  路地の風景  モノクロフィルム  

蔵元の町散策1 ・・・ 醤油の匂い漂う路地

先月の上旬頃、知多半島の古い街、武豊を自転車散歩しました。
武豊と書くと愛知県以外の方は”たけゆたか”と読まれるでしょうけど、たけとよと読みます。

武豊は古くからの醸造の町で、いまでも醤油や味噌を昔のままの方法で作る蔵元が並んでいます。


蔵元が立ち並ぶ路地。あたりには醤油や味噌の香ばしい匂いが漂っていました。

PENTAX LX + TAMRON 24mmF2.5 (with Adaptall for K) / NEOPAN 100 ACROS


愛知県武豊町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


22
Category: 愛知 > 知多   Tags:  モノクロフィルム  

ハイキー

この写真撮ったのは10月上旬、まだ半袖の方が多く写っています。
それから約1ヶ月半ほどすぎて今や冬の気配すら感じます。
写真だけ見てるともう何ヶ月も前のことのような錯覚を覚えます。

PENTAX LX + FA35mmF2.0AL / NEOPAN 100 ACROS



愛知県常滑市 中部国際空港で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


21
Category: 愛知 > 知多   Tags: モノクロフィルム  

午後3時30分

プリントを意識してというほどでもないんですがけど、ブログでアップしてるモノクロ写真の仕上げは実際のプリントでできなさそうな画像処理はしないようにしています。
印画紙の選択でできるコントラストの調整や露光時間できまる明るさ、それに覆い焼きや焼き込みで出来る程度のアレンジとか補正程度。
もっとも当時の自分のプリント技術がどこまであったのかは甚だ疑問で、ほんとはもっと高度な事ができるのかもしれませんが・・

PENTAX LX + TAMRON 24mmF2.5 (with Adaptall for K) / NEOPAN 100 ACROS


愛知県常滑市 中部国際空港で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


20
Category: 愛知 > 知多   Tags: 心象風景  街の風景  モノクロフィルム  

整列

最近だんだんモノクロの比率が高くなってます。

フィルムを復活した当初はKodaK GOLD100などが安いし、デジタルで手当たり次第にシャッターを押すことに慣れてしまった感覚で撮っても惜しくない気がして普及版のカラーネガばかり使ってました。
でも最近は昔の勘もだいぶ戻ってきて、昔一番多用していたモノクロがなんとなく肌に合うというかついつい使いたくなります。

昔は自分で自由にプリントできるという理由も大きかったと思います。
印画紙の選択や型紙作って覆い焼き、露光時間の調整などなど・・モノクロならではの楽しさでした。
今はプリントしてないけど、もしプリント復活するならやっぱりモノクロ・・という思いもモノクロをついつい使いたくなる理由かもしれません。

PENTAX LX + TAMRON 24mmF2.5 (with Adaptall for K) / NEOPAN 100 ACROS


愛知県常滑市 中部国際空港で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


19
Category: 名古屋   Tags: 心象風景  廃墟  モノクロフィルム  ELECTRO35  

残りフィルムで撮った廃な風景4

高度経済成長期には増え続ける都市部の働き手の住まいとして活躍したことでしょう。

静まり返った団地の中庭から錆びついた建物を見上げて思いました。
皆こういう団地に住みながらいつかマイホームを手に入れることを夢見て一生懸命働いたんだろうなぁ・・と。

狭い団地の部屋に住んでいようとも今よりもずっと将来に夢が持てた・・そういう時代の遺跡の様に思えました。


YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


名古屋市北区で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


18
Category: 名古屋   Tags: 心象風景  廃墟  モノクロフィルム  ELECTRO35  

残りフィルムで撮った廃な風景3

この団地、廃墟ではあるんだけど比較的管理が行き届いていて、部屋の中の様子を伺うことはできませんでした。
ただ、それでも通路には草のつるなどがところどころに侵入してきて人が居なくなった住居の特徴が出つつありました。


YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


名古屋市北区で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


17
Category: 名古屋   Tags: 心象風景  廃墟  モノクロフィルム  ELECTRO35  

残りフィルムで撮った廃な風景2

このヤシカ エレクトロ35GSはジャンクで1500円で買ったものですが、外観も綺麗でかなり気に入ってます。
ただ、その中で一つ難点を言えば、ファインダーにくもりがあることです。
買う前にファインダーを覗いてそれはわかっていたことで、値段も安いしどの道まともに写るかどうかもわからないから大して気にもしませんでした。

ところが買ってみたら、距離計もほぼジャスピンですし、露出計も動く、シャッターはどこまで正確かはわからないけど、取敢えず可変してるしネガなら問題ない程度に撮れています。
何よりも写りにいい味がある。

そうなるとやっぱり欲がでてしまいます。ファインダーが綺麗だったら・・・と

分解掃除する勇気は・・・今のところないです。

YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


名古屋市北区で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


16
Category: 名古屋   Tags: 心象風景  廃墟  モノクロフィルム  ELECTRO35  

残りフィルムで撮った廃な風景1

何度かそこを通った事があったのに気が付かなかった風景ってよくあります。

ここもそうでした。
道から少し奥まったところにあったので気が付かなかった古い団地。
自転車から降りて近づいてみるともう誰も住んでいない廃墟でした。

その時たまたま持っていたのは少し前にアップした中部国際空港で撮ったフィルムの残りを使ってしまいたかったヤシカ エレクトロ35でした。
ジャンクで買ったカメラの1本目のフィルム。ちゃんと写っているのか写ってないのか・・それすらよくわからないまま半信半疑で撮ってました。

そんな10枚にも満たない残りフィルムで撮った廃墟の風景を少しだけアップしたいと思います。


YASHICA ELECTRO35 GS / NEOPAN 100 ACROS


名古屋市北区で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真



13

top bottom