よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


In 08 2012

16
Category: 名古屋   Tags:  町の風景  モノクロフィルム  

一眼レフってそうだった

デジタル一眼になれてしまうとマニュアルフォーカスのカメラなんて使えるかなんてなんて思ってしまいます。
確かにデジタル一眼のファインダーしか覗いたことがないとそう思いたくもなります。
K-7のファインダーも視野率100%かもしれないけど、それ以前に狭くて暗いからピントがあったかどうかもよくわからない。AFならそれでいいのかもしれないけど。

その感覚でこのLXのファインダーを覗くと恐らく仰天するのではないでしょうか。
ファインダー、ものすごく広い。そして明るい。
だからピントが合ってるかどうかもとてもわかり易いです。ファインダーを覗いて構図を決める楽しさがあります。
LXに限らず、ここまでではないけどこれよりも古いK2でもデジ一のファインダーなど足元にも及びません。
これらのファインダー覗いたあとにK-7のファインダー覗くとおもちゃかと思います。

フィルムカメラを復活してから、一眼レフはそういうところでも一眼レフでしか味わえない写真を撮る楽しさを持っていたということを思い出しました。
今のデジ一はそういう基本的なものを失ってしまった気がします。だからミラーレスとの優位差もなくなって・・・ 




この日、商店街は七夕祭りの準備で忙しそうでした。(先月中ごろに撮影)

PENTAX LX + FA77mmF1.8 Limited / NEOPAN 100 ACROS


名古屋市西区 円頓寺商店街で

テーマ 銀塩写真    ジャンル 写真



1
2

top bottom