よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


In 07 2010

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: 愛知 > その他愛知県   Tags: ---

愛知・三重県境ポタリング1 レンコン畑1 (愛知県愛西市)

梅雨が明けた最初の週末、雨続きで自転車に乗れなかった鬱憤を晴らしたくて愛知と三重の県境へポタリングにでかけた。
コースは弥富IC近くに車を置いて弥富市から出発→愛西市→立田大橋→多度大社→(養老鉄道)→桑名→多度→愛西市→弥富市で走行距離は45km。猛烈な暑さでこの距離でも十分すぎるほど汗をかいた。

今回この方面を走るきっかけとなったのがこのレンコン。
去年の秋、津島市へポタリングした時あたりにたくさんのレンコン畑があってこのあたりはレンコンが特産物であることを知った。
その後調べてみるとレンコンは7月ごろに花が咲くらしく、ちょうど今頃が見ごろとのことだった。

弥富市を抜けて愛西市に入ったとたんにあちらこちらにレンコン畑。
これまで公園の池などで観賞用の蓮の花はみたことがあったけど作物としての蓮は初めて見た。
背丈や花の大きさは予想以上で写真撮るには脚立が要るなと思ったほど高く大きくて驚いた。




PENTAX K-7


スポンサーサイト

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真


27
Category: 岐阜県 > その他岐阜県   Tags: 鉄道  自転車  

養老鉄道 池野駅2 (岐阜県池田町)

サイクルトレインは湖東ポタリングの時に乗った近江鉄道に続いて2回目。
近江鉄道よりも乗客が多くて乗ってすぐは少し肩身が狭く感じた。
しかし座席に座ったらそんなこともどこかへ飛んで程良い揺れにまかせて居眠りが気持ちよかった。

PENTAX K-7



27
Category: 岐阜県 > その他岐阜県   Tags: 鉄道  自転車  

養老鉄道 池野駅1 (岐阜県池田町)

もっと回りたかったけど日もずいぶん傾いてきたのでこのあたりで切り上げることに..。
帰りは養老鉄道のサイクルトレインを利用するために池野駅へ。
駅についてサイクルコンピュータの距離を見ると1日かかって35kmしか走っていなかった。
中身が濃くて立ち止まってばかりだったからなぁ。

PENTAX K-7



26
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 廃墟  

採石場跡 (岐阜県池田町)

市橋駅からそのまま北上して大垣市を出た。池田町に入っても採石場は続く。
ただ、だんだん古くなって採石場跡の廃墟がところどころに現れた。
もうかなりの年月が過ぎた様子だった。

PENTAX K-7



26
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 工場  鉄道  

西濃鉄道 市橋線3 (岐阜県大垣市)

市橋線も終点の市橋駅近くになると線路も錆付いて長い間貨車がきていない様子だった。
採掘工場は稼動しているようだけど....。

PENTAX K-7



24
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 工場  鉄道  

西濃鉄道 市橋線2 (岐阜県大垣市)

赤坂宿から線路に沿って北へ向かうと西濃鉄道の存在意義に納得する風景が現れた。
巨大な砕石設備の脇に延々ホキと呼ばれる貨車が続いている。
先頭にはディーゼル機関車が付いていて一両が満タンになると一両分前進して
その度に連結器のぶつかり合う音がガタン・ガタン・ガタン・・・・・と前から後ろへ響き渡る。
あたりの工場からも轟々ガラガラと砕石の音が絶え間なく鳴り響いて躍動感にあふれていた。

そしてよく見ると貨車にも工場にもあの矢橋の名前が...。

PENTAX K-7



24
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  

西濃鉄道 市橋線1 (岐阜県大垣市)

地図を見ると市橋線は美濃赤坂駅から池田町方面へ北に向かって伸びている。
戦前から戦中にかけては旅客扱いもしていたそうでガソリンカーが大垣まで走ったとのこと。

赤坂宿にその頃の駅が残っているというので訪ねてみた。
行って見ると駅のイメージにはほど遠く、路面電車の電停かそれ以下の粗末なもので
脇の家の生垣と言っても納得してしまいそうなほどのものだった。

PENTAX K-7



22
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  廃線跡  

西濃鉄道 昼飯線 廃線跡4 (岐阜県大垣市)

あと何年この風景を留めることができるのだろうか。

廃線跡を辿っていたらなんとなく寂しくなってきて現役で働いている姿が見たくなった。
そんな心境もあってこのあと現役路線の市橋線を訪ねた。

PENTAX K-7



22
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  廃線跡  

西濃鉄道 昼飯線 廃線跡3 (岐阜県大垣市)

昼飯線(ひるい線)の終点 昼飯駅跡
錆びた線路と古い木造の駅舎がよくマッチしていた。
廃線跡を訪ね歩くマニアの方も多いらしいけどなんとなくその気持ちがわかるような気がした。

PENTAX K-7



18
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  廃線跡  廃墟  

西濃鉄道 昼飯線 廃線跡2 (岐阜県大垣市)

昼飯線は美濃赤坂から西へ伸びていた路線で、現在残っている市橋線は北へ向かう路線。
西の方は掘りつくされて線路から採掘現場が離れてしまったから廃止になったのだろうか。

PENTAX K-7



18
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  廃線跡  廃墟  

西濃鉄道 昼飯線 廃線跡1 (岐阜県大垣市)

美濃赤坂駅からは石灰を運ぶ為に採掘工場まで線路が延びていて西濃鉄道という会社が貨物列車を運行している。
以前は市橋線、昼飯線の2路線あったそうだけど昼飯線が廃止されて市橋線だけ運用されている。
そこで廃止された昼飯線を尋ねてみた。
調べてみると廃止されたのは2006年でそれほど前のことではないけど実質は1990年から休止していてすでに20年が経過している。
実際に行ってみると20年よりももっと経過してるように感じた。
とは言え線路もしっかりと残っていて在りし頃を容易に偲ぶ事ができた。

PENTAX K-7



14
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: ---

中山道 赤坂宿2 (岐阜県大垣市)

この立派な板塀の続く屋敷は個人の1軒の家らしい。
調べてみると
”矢橋家住宅(国重文)は、東西南北100メートル四方に及ぶかという広大な屋敷であり、この宿場の代表的町家である。四辻から駅へ向う通りに延々連なる焼板塀は、なかなかの風情がある。
 ここは宿場だけでなく、大理石、石灰岩の産地として明治時代を中心に栄え、町並の東側には「石灰御殿」とも言うべき重厚な格子の商屋が現存する。”

さらに今回撮ってきた写真をよくみると、前にアップした板塀の美しい工場もこの矢橋家のもの。そしてこのあと訪れたもっと巨大な石灰石採石工場もこの家のものであった。

PENTAX K-7



14
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 自転車  

中山道 赤坂宿1 (岐阜県大垣市)

駅からほんの数百mで旧中山道赤坂宿の街道沿いに出る。江戸から57番目の宿場として栄えたとのこと。

赤坂宿についてちょっと調べてみるとこんな話が...
”「皇女和宮」は、幕末の動乱時期に、幕府の「公武合体」の強い要請で、やむなく徳川家第14代将軍「徳川家茂」との結婚を承諾し、江戸まで降嫁した事で有名です。
文久元年(1861年)10月25日に、ここ赤坂宿にお泊りになられました。その時の行列は7,800名を数え、宿泊施設を補う為に古くて見苦しい家は建て替えられ、空き地には新しく54軒も普請されたそうです。それらの家々は「お嫁入り普請」と呼ばれ、現在でも残っています。その後まもなく幕府は崩壊したため借金はほとんど帳消しになったそうです。”

PENTAX K-7



09
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  

美濃赤坂6  (岐阜県大垣市)

朽ち果てる凄惨な姿になぜか迫力を感じる。

PENTAX K-7



09
Category: 岐阜県 > 大垣   Tags: 鉄道  

美濃赤坂5  (岐阜県大垣市)

広い美濃赤坂駅構内の片隅で朽ちたディーゼル機関車を見つけた。
たぶん西濃鉄道でセメント輸送するために使われていたものと思う。

使われなくなってどのぐらい経ったんだろう。

PENTAX K-7




1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
23
25
28
29
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。