よってみて

フィルムカメラでスナップ写真撮ってます...


"台湾" posts

28
Category: 台湾   Tags:  子供  町の風景  路地の風景  ノスタルジー  モノクロフィルム  HEXAR  

山里の城下町で 4

自分が子供の頃、友達と遊ぶときは家の外から
”○○君 あーそーぼっ”と大きな声で呼び出してました。
今はインターホンもあるし、そんなことしないんだろうけど、
でもこの町ならやっていそう・・そんな風に思えました。

Konica HEXAR RF + CarlZeiss Biogon T* 2/35 ZM / ILFORD FP4 plus
114_022_ILFORD FP4 plus_hexar_CN_a-s

岐阜県恵那市岩村町で

テーマ ある日の風景や景色    ジャンル 写真


18
Category: 台湾   Tags: ---

龍山寺2 (台北)

お経を唱える大合唱が境内に響き渡っていた。


PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm

台湾

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真


18
Category: 台湾   Tags: ---

龍山寺1 (台北)

この日は何か特別な日だったようでお寺ではたくさんの人がお供えをしてお経を唱えていました。
街中でも店先の歩道に線香とお供えが乗った台が置かれているのを至る所で見ました。

PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm

台湾

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真


18
Category: 台湾   Tags: ---

瑞芳駅前で三輪バイク(台湾)

九分の帰りに瑞芳駅前から伸びる駅前商店街で見つけた三輪バイク。

PENTAX K-7 SIGMA 17-70mm

台湾


14
Category: 台湾   Tags: ---

金爪石(台湾)

九分から更にバスでひと山超えると風光明媚な金爪石。日本が台湾統治していた時代の金鉱や日本文化の跡があちらこちらにある。観光客もほとんどいない山を登って行くと突然このような神社の跡が現れた。

PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm

台湾


14
Category: 台湾   Tags: ---

九分(台湾)

”千と千尋の神隠し”で千尋のお父さんとお母さんが食べ続けてブタになるシーンのモデルとなったと言われている九分。台北から特急で1時間弱、更にそこから路線バスで20分ほど。海を見下ろせる山の中腹にあります。
実際に行ってみるとやっぱりあのシーンは九分の外観と美食広場のような屋台街を混ぜ合わせたんだと確信。


PENTAX K-7 SIGMA 17-70mm

台湾

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真


11
Category: 台湾   Tags: ---

士林美食広場(台北)

”千と千尋の神隠し”で千尋のお父さんとお母さんが食べ続けてブタになるシーンのモデルとなった所は台湾の九分と言われてるけど雰囲気は九分ではなくここだと思う。数えるのも困難な数の屋台がびっしり建ち並んで、そこに座って食べるお客さんの姿はあのシーンのお父さんお母さんそのもののように感じた。


PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm

台湾

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真


11
Category: 台湾   Tags: ---

台北の裏通り4

こんなまったりした裏通りも。


PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm



08
Category: 台湾   Tags: ---

台北の裏通り3

オート三輪風バイクがのそのそと動き出した!


PENTAX K-7 SIGMA 17-70mm

台湾


07
Category: 台湾   Tags: ---

台北の裏通り2

台北にはコンビニは至る所にあったがスーパーはほとんど見かけなかった。
市内のあちらこちらにあるこうした露天市には豊富に食材がならんでいてなんでも手に入る感じ。
スーパーが無いから市に活気があるのか市があるからスーパーができないのか。
何にしても人も集まるし店主もみなとても商売熱心でそれらが一体となって活気を生み出してる様だ。

ちなみに真ん中に移っているバイクとオート三輪のハーフのようなものは流石に台北市内でも数が少なくなっているらしく5日間の間に出会ったのは3回だけだった。

PENTAX K-7 TAMRON 10-24mm

台湾


07
Category: 台湾   Tags: ---

台北の裏通り1

先週台北へ行って来ました。そのときブラブラと歩きながら撮った写真をアップしようと思います。

台北の街は一見、日本の街と大差ありません。高速道路や地下鉄が走り、中心部には高層ビル、郊外にはマンションが建ち並んでいます。歩く人々の姿も日本と大差ありません。
ところが表通りから一歩裏通りへ入ると日本との違いをたくさん感じることができます。
それは何かと言えば裏通りに人々パワーがみなぎっていることでしょうか。
商店や屋台、露天市が至る所にあって昼夜関係なく賑わっている。どこか郷愁を感じる街なのに日本に残る昭和の景色とは違って活気にあふれている。

台北の魅力と台北らしさは裏通りにこそあると思いました。
そんな風景を少しずつアップしていこうと思います。


裏通りの至る所にこうした屋台があって朝早くから夜遅くまで常に誰かが何かを食べてる。
それが台湾の人々のパワーの源の様に思えたほど。


PENTAX K-7 SIGMA 17-70mm

台湾

テーマ HDR (ハイダイナミックレンジ)    ジャンル 写真



2
3
4
6
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom